Rentaro Fujiwara

rentaro fujiwara

なんだろうな、この空気感。
ちょっとすました感じで、”圧倒的な”と、形容したいくらい独特だ。

初めてのサシ呑み。
場所は彼のホームグラウンドの一つであろう阿佐ヶ谷。

彼は何事にも美学を持っている。

こだわりって言うのが伝わりやすい表現だと思うけど、いや、違う。美学って言葉じゃないハマらないと勝手に思っている。

仕事はもちろんのこと、言動、コミュニケーション、アイテムに衣食住。彼に関わるモノ全てにおいて。
ただ美学と言っても、そんなに他人にとって堅苦しいモノは全くない。逆に人を楽しませることがほとんどかな。

自分の大切にしているところを守ることで、結果的に他の人が喜んだり、興味を抱かせワクワクさせたり、
皆を幸せな気持ちにさせたりしているんじゃないかな。自分にはそう映る。

その中でも特に共感させてもらったというか、すごく勉強になるポイントはやっぱり言動。
 
己の立ち振る舞いというか、在り方。そこをしっかり理解して、しっかりと自己を表現している。
だけどそれは偽りではなくて、彼自身そのもの。彼の人としてのナチュラルな部分がそのまま出ている感じ。

ちょっと難しい言い回しになっちゃったけど、要はすごく考えてるんだけど、
その結果、無理なくしっかり自分の自然の姿でいられるってニュアンスかなぁ。

きっと、考えるのは、より自分を自分らしく表現したいから、そのために情報をしっかり整えてアウトプットしてると思う。
けどいざ構えて人と接しても、人間的な部分で自分の新しい殻を簡単に破ることも出来る柔軟性も持っている。(と思う)
プライドというか美学はしっかりあるけど、そういう人間くさい面もたくさん持っている彼。

なので、こういうスタイルで自分らしさを表現出来る彼は、自分としてはとても興味がある。
また飲んで探りを入れたい。

小難しい内容になっているけど、彼と実際に顔を会わせれば単純にイイ人と感じれる。
すごく紳士的な男で、話しやすくて、人当たりも良い。
自分からワァーって騒ぐタイプでないないと思うけど、楽しいことは大好きなはず。

自分が彼から学んだこと。

それは相手のホームグラウンドで飲んでみることの大切さ。
人がこだわりをもって、理由をもって好きでいる場所。

そこに出向かせてもらえたなら、そこの空気感はきっと相手の空気感とも似ているに違いない。
より相手のことを知れる良い機会。

ってことを学んだというか、自分が感じた。

この記事の文章が無駄に長くなってしまっているということは、まだ自分も深くまで入れていない証拠。
これは近々、また懐に入れさせてもらわないといけなくなった。

彼の名は藤原 連太郎
阿佐ヶ谷までチャリで向かいたいと思わせるイイ人

東京のアプリデザイン制作会社|株式会社ハラハラ|harahara Inc.

Masatoshi Kamimura

masatoshi kamimura

1年という時間でここまで信頼し合える人は滅多にいない。
この1年間の総決算という訳ではないけど、仕事帰り飲んだ。

初めて出会った時お互いそんなに会話も無く、同じ歳という事がわかってからも、逆に距離感は縮まらなかった。

最初のきっかけは会社の飲み会に参加させてもらった時。お互いお酒が入って、日頃なかなか口に出せない想いをぶつけあったら一瞬で距離がなくなった。

本当にお酒サマサマである。

それから少し顔を合わせる度に、自分の話を聞いてもらう事を重ねて、イイ人プロジェクトのコンセプトを詰める時もすごく相談に乗ってもらったり、何かとお世話になりっぱなし。当然だけど、彼がいなかったらイイ人サイトも違う形になってたかもね。

「カミムー」

自分は彼をこう呼ぶ。
だけど彼は「夏井くん」と呼ぶ(笑)

そう、彼はとても体育会系なんだけど、とても真面目でしっかり者なのです。勿論頭もいいし、キレ者なんだと思う。
お気づきの方はいるかと思うけど、そう、自分とは結構真逆な人間なんです。

だけど僕は彼に絶大なる信頼を寄せる。彼も僕を信頼してくれている。
僕がほとんど話していても、彼がほとんど聞いてくれる。

この関係が成り立つのも、相反する人間性があるからだと思う。
結婚したら巧くいくんだろうと思う。

今日はいろいろ深い話が出来た。

今、お互いが同じような方向に進んでいる現実も、まだまだこの関係は終わらんよ!っていう現れだと思っている。
このままお互い切磋琢磨して成長する事で、よきライバル・よきパートナーで居続けれるんです。

「出会って少し意識が変わった」
自分の事をそう言ってくれる、とてもイイ奴なんです。

写真が悪いせいで、かなり上からマリコ状態だけど、印象は常に柔らかくて、とても優しいそんな彼。

彼の名は上村 正敏
まさに冷静と情熱のイイ人

ブランドサイトデザイン | FICC inc.

Shin-ichiro Yokoyama

「僕はねー、適当ですよ」

ビールをクイッといきながら、いつも謙虚にこう漏らす
出来る男は謙虚なのだ

出会いは友達の紹介の紹介
場所は表参道のしゃれおつなカフェ
目の前に現れた男は会った瞬間にお洒落だなぁと思わせるそのスタイルに、無駄のない的確なトーク、そして全く隙を感じさせないその雰囲気

こりゃ話しが合わないかも…と心配させる辺りがとても憎い
結果、30分後にはメチャメチャウマが合ったんですがね

とても頼れる、そんな印象

そんな彼との関係を一言で言い表す事は難しいけど、ちょっと気取って呟いてみる
「まるで中高を共にした仲間のよう」
うん、いい具合だと思う

仕事をするともっと深みを知れる
根底にはしっかり人がいて、しっかり信頼度も申し分無い
その瞬間を一緒に過ごしていて楽しい人、頼れる人

「この人と一緒に仕事がしたい」
そう思える彼は、自分にとってのお手本
オモロい事をしかけていきましょう

なんか褒め過ぎて悔しいけど、それだけの魅力はあるんだなぁ

彼の名は横山信一郎
イイ人です。

株式会社ドラゴンスター