Jun Yoshihara

junyoshihara

恐らくこの表情はいつもの彼らしくない、そんな写真だと思う。
だっていっつもニッコニコした人だからね。

だけどあえてこの写真。
今日気づかされた新たな彼の魅力を象徴しているようなピリっとした表情。

彼との初対面はいつかなぁ〜、と振り返ってたけど、やっぱりフットサルのピッチの上。
だけども言葉をしっかり交わしたのは、たまたま一緒になった呑み。しかも結構遅くの24時過ぎからの呑み。

お互いお酒が入ってたのもあったり、珍しい4人で卓を囲んでたのもあったりでワイワイと話が弾む。
そんな中で初めて彼が楽しくて陽気な人だったんだと知ることができた2年前の夏。
そう、彼はいっつも笑顔で明るい人。話もたくさん聞いてくれて包容力もあるし、本当によき大人の兄貴って感じの人。

朝が空けた代々木上原から豊洲へ自転車で帰る僕の姿をカッコよく撮ってくれたのは懐かしい想い出。

彼とは父親としてだったり、写真についてだったりとか、あとはサッカーとの向き合い方だったり、
いろいろ共通ワードが多くて、さらにきっと独特同士であろうのお互いの価値観話とかで深い話ができちゃう、そんな数少ない人だと勝手に思っている。

何にしても上達や上の域を目指して努める姿や、先に進んでも貪欲に次へ次へと求めるストイックな感じ。
なんかその感じにゾクゾクする。

上手に表現することができないけど、彼は恐らくその価値観ってやつにしっかり自分の人生観を落とし込んでいるというか、浸透させているというか。。

それが写真というか写真との向き合い方だったり、
サッカーというかサッカーとの向き合い方だったり、
またまたコミュニケーションだったり、家族だったり。。

そう!僕が好きだなぁと感じているのは、その向き合い方。自分の気の済むまで向き合い続けるそのアプローチって所なんだと。
だからキャッチボールをする度に、熱いこだわりみたいなものを返してくれる。その姿というか雰囲気は、すごく居心地がよくて、すごく刺激的。

だから話せば話す程、もっと奥まで入り込んでみたい。
そう欲求させる人。

今日のこの日は、なんと一年ぶりの会。
お互いの近況を伝え合う、そんな会話の流れの中でふと気がついたこと。

僕は常に何かと向き合いながら生き方を模索し続けている。そう、続けている。32にもなって。続けてる。
でも自分が納得して選んだ道の上を歩きたい。その一心で壁とぶつかり悶々と日々を過ごす。

だけども僕だけじゃなかった。
彼も全く同じではないが、何かと真剣に向き合いながら日々葛藤を繰り返し、実際に行動に起こて進む道を模索してきてたんだってこと。

なんか嬉しかった。

器用に効果的に生きることが全てではなくて、
不器用かもしれないけど、自分が進みたい道を壁とぶつかりながら進んで行く。

現状に満足することなく常に前を向き、世間や周りに左右されることなく自分でしっかり向き合って答を出した道を進む人生のスタイル。

このスタイルこそが、今の僕が感じる最大の彼の魅力。

明るい笑顔のいつもの彼も素敵だけど、
泥にまみれながらでも自分らしい道を模索するその姿がさらに人を魅了するんだろうなぁ。

彼は吉原 潤
失礼かもしれないけど、泥臭くでも納得できる生き様を続けるカッコイイ人

ロクマルニ

Yuya Takahashi

yuya takahashi

能あるタカはツメを隠す。

その甘いマスクの内側に何かを臭わす。
人の興味欲を刺激するモノを秘めている、そんな男。

僕は彼をケンジロウと呼ぶ。(ことにした)
何故かと言えば、彼の周りの数人が親しげにそう呼ぶから。
だけどなぜだろう、彼のイケメンな印象からかけ離れた男臭いニックネーム。
彼と腹を割って気持ちのぶつけ合いを経験することで、答えは自ずと感じることができる。
(※本当の由来とは異なります)

彼の第一印象は一言、とても柔らかい。

多分、とてもシャイな性格なんだろう、
初めて会い挨拶を交わすまで、きっと笑顔いっぱいでは近づいてこないだろう。
ただ言葉を交わせば、全てとまではいかないと思うけど、彼の優しい雰囲気が十分伝わるはず。

今風のちょいワイルドだけど爽やかな顔立ちで、スタイリッシュな風貌に惑わされがちだけど、
内面は温かく、時にはとても熱く、謙虚で男らしい強さも兼ね備える魅力ある人。
まだ出会って3年くらいで、回数にするとそんなにコミュニケーションは図っていないが断言できる。

僕が彼の好きなポイントは、やはり時に見え隠れする「男らしい熱さ」だね。
そのシチュエーションは飲みの場が多いけど、しっかり奥底から話しているぞ!っていう言葉のトーンがとても心地よい。

その濁りのない言葉の一つ一つに彼の誠実な人間味を感じれて、しかも熱くて男臭いもんだから自分もついつい釣られてノーガードになってしまう。
そうそう、だから僕的には男臭さ抜群の「ケンジロウ」。
(※本当の由来とは異なります)

男臭いニックネームくらいが丁度いい。

常に相手を敬うことを忘れず、酔っていようがシラフだろうが気を配ることを怠らず、
人からの好評価に溺れることなく謙虚に振る舞う彼。

そんな姿を見ていると、清々しい気持ちになるのは勿論、
もっと時間を共有にしたい、イロイロなことで接点を持ってみたい、仕事でも、サッカーでも、夢でも何かで関わってみたい。

そんな想いが自然と湧き上がってくる。不思議な男だ。

肉食系の野心家や熱血観な人、勢いをもって押し進むスタイルの人達からすると、
優しすぎる、大人しすぎると思われてしまうかもしれないが、これが彼のスタイルだと感じている。

表には出さないが、目標としている想いや夢へ、今自分に何が足りなくて何をすべきか、そんな熱い想いをしっかり抱いて行動している。
十分な肉食系だ。

温厚で落ち着いているその印象とはちょっと違って、何事にも果敢に挑戦する勇敢な一面も臭わすイケメン。
せめてケンジロウと連呼して男臭くするくらいの抵抗しか僕にはできない。

またサシでいろいろ語り合いたい、ケンジロウ。

彼の名は高橋 裕也
ツメを隠すケンジロウイイ人

PANOPTES
Parachute series studio

Yuji Oda

yuji oda

新しい事務所にニヤニヤしながらやってきたこの男。
何気に1号。そう、1号なんです。

彼の事は、いつ、どこで、誰に会わせても安心して見守れる。
もしくはどういう交わり方するのか、反応が楽しみな男だね。

それは誰とでも上手く話せるっていう、ちょっと器用な人間ってよりは、
誰にでも自分らしさは失わずに素で会話が出来て、更に距離を縮めれるってニュアンスが一番近いのかもしれない。

人の話を聞くのがとても上手で、自分みたいに話を話に被せてくるようなオラオラな人間とでも、自然に話が出来るし、
目の前の人、会話、言葉に真剣にというか、しっかり向き合って話してくれるから誰とでも上手にコミニュケーションが図るんだと思う。

そして彼と誰かを合わせた時に生まれる化学反応みたいな新しい関係を、外からニヤニヤ観察するのが好きです。

まぁ安心してニヤニヤ出来るのも、どんなアプローチでも彼のことを皆、好いてくれる。
そんなキャラクターだと思ってるから。

彼の何かに取り組む時、いつも「素直だなぁ」と感じるそのスタイルは、一緒に時間を共にしてて、すごく刺激になる。

1つのアイデア出しでもすげー盛り上がれるし、追い込まれている状況でもモチベーションんがグッとあげてもらえる。
サッカーをしてても周りを一瞬に笑顔に変えれるし、常に楽しみながら、楽しませながら生きてる感じ。そしてその全てが一生懸命。

すごいよね、周りの空気感をガラって変えれる人って。

これは不思議な能力って勝手に思ってる。

単純に自分は一緒にいって楽しいし、何か一緒にやりたい。そんな気持ちにさせてくれる。
この感情を他の誰かにも知ってもらって、感じてもらいたい。って常にそんなことを思ってる。ってか思わせてくれる。

そんな気持ちのいい奴です。

あまり良いこと書きすぎるとプレッシャーで言動が萎縮するだろうけど、
そんな彼を見るのもきっと面白いので、楽しみです。

後輩だけど一度もご馳走した事がないので、今度ご馳走します。

彼の名は小田 佑二
永遠の後輩キャライイ人

camycyby Art Works | Yuji Oda

Yosuke Nagafuchi

yosuke nagafuchi

ロンドン時代、サッカー帰りによく寄ってた香港カフェみたいなところで、タロイモジュースを飲んでワイワイ言ってた頃が懐かしい。

いつも通り、一眼を取り出して1,2枚試し取りしたところで、何とバッテリー切れ。。
のためiPhoneでの撮影になる。って感じも、なんか彼とだから楽しめる。

そんな彼、尖っているねー。何事も食い下がる、食い下がる。
ここ数年は日本に来る度、会って、討論しての繰り返し。

人生の半分以上をイギリスで過ごしているせいか、やっぱり感覚が日本人のアレとは違う。
だけど自分もまぁまぁ食い下がる、食い下がる。類はってやつだね、きっと。

媚びることが嫌いで、作り笑顔だって苦手だ(と思うw)、何か疑問があるならしっかり正面から話が出来る。
それはとても不器用なような気がするけど、すげー真面目だからこそなんだろうなぁ。

多少のとっつきにくい時間も、相手と向き合っている彼なりの時間。
どんなことでも真面目に取り組むからこその、彼独自のスタイルなんだろう。

でも改めて自分が感じる彼の魅力ってところを考えてみると、そんな小難しいことじゃあなくて単純に”情熱”のアンテナが高いからってこと。

仲間を思う気持ち、世の中を変えたい想い、目的を達成するために抱く熱い感情。
その”情熱”が共有出来る人をすごく大切に出来る男。

その全てが自分にはストライク。

もう十分にお互いをぶつけ合ってきたので、”情熱”の部分でもっと楽しく絡みたいね。

彼の名は長渕 陽介
情熱の食い下がるイイ人

sevenshuffles Japan

Alex(Jun Sugimae)

Jun Alex Sugimae

彼はアレックス。ロンドンで出会った仲間。

とは言ってもお互い1年くらいの滞在。
その間、異国の地で会った回数は恐らく4、5回だろうか。とにかく数回。
今思えば自分も彼も結構な決意を持って挑んだロンドンだったので、お互いを認め合うのには十分な時間だったんじゃないかなぁ。

彼はとても根が真面目というか、根が男らしい男。ひたむきに目の前の事に取り組むしっかり者だし、誠実そのもの。
出会った皆が率直に感じることの出来る、そんな彼の一面なんじゃないのかなぁ。
とにかくいい男です。

あと自分がいいなぁと思うところは、内に秘めている熱い部分。

自分なんかはすぐに表に熱いものを出してしまうけど、彼はあまり普段からそれをむき出しにすることは少ない。
決して控えめなタイプという訳ではないけど、そこはバランスが取れるんだろう。

一緒に何かをやる時、何か深い話をする時、相手のために思い切った行動を計画した時、秘めてる熱さを気持ちよく見せてくれる。
そんな頼もしい彼。

彼とはサッカーで出会ったけども、またそこの価値観が素敵。そして激しく同意。

もちろん勝つことが大切で楽しいスポーツではあるけど、やっぱり大切なのは仲間だということ。
上手い人もいれば、あまり上手じゃない人もいる。その皆で勝ちを味わうのが醍醐味だと思う。
サッカーは上手い下手は関係ないんだっていう想いがとても伝わる。

そんなサッカーは人生の物差し。

好きとかそういうことだけではなくて、人生観、人間観が表に出るスポーツということ。
登山とかマラソンとかも同じかもしれないけど。

彼と一緒にサッカーを一緒にすれば感じれると思います。

彼の名はアレックス、こと杉前 潤
そろそろミドルネームに加えてもいいんじゃないかなぁ、あ、誠実なイイ人です

イイ人 x ALEX
THE GREEN MAN | Cool Football Style

Masaki Hirakawa

masaki hirakawa

ケンケン!
彼のあだ名です。

出会った時から「あれ?今までどこかで出会っていた?」かのような接し方をする彼。
といっても馴れ馴れしいとかじゃあなく、ただただ親しみ易い。

2010年に福岡から東京に出てきた彼、自分とは2011年夏からのお付き合い。

彼は人との間に壁を作らない雰囲気を作り出すのが上手。
自分もそれに乗っかりまくって気軽に話しかけてます。

話を深めていくと、彼は往年のデザイナーブランドにとても詳しい。
アパレル関係の仕事出身ということがあるからなんだろう。

僕は表面的なヴィジュアル部分とブランドイメージを自分で解釈して勝手な持論を展開してるけど、
彼はもう少しコアで説得力のある理論と今までの体験から服を語るので、話をしてて楽しい。

基本的にはカジュアルな人当たりだから予測出来ないけど、
熱いところのポイントを話す時の力強さが彼のさらなる魅力で、
そこの熱い箇所の空気感が自分はとても好き。

あ、WEBデザイナーなんですがねw

自分の気持ちにはとてもストレートな彼。
懐っこく話しかけたくなる。

彼の名は平川 正樹
ケンケンイイ人

rhythm23

Sohei Kushida

sohei kushida

写真、昭和っぽいけど、現在です。

もう付き合いが長過ぎて何書いていいのか分からない。
一言で言えばそんな関係。

彼は最初にどのシチュエーションで出会うかで印象がガラリと変わる。
とてもざっくり分けると仕事関係で会う時とプライベートで会うときは全く違う。
そう、基本的に根はとても真面目なので。

皆はきっと「そりゃ仕事とプライベートは分かれるのは当たり前だよ」というかもしれない。

ただ彼の事を単に知りすぎているからこその受け止め方なのかもしれないけど、
僕なんかはプライベートでのカジュアルで柔らかい雰囲気を仕事に反映出来れば彼らしいのになぁと、よく思うんです。

そんな彼のいいところは”NO”と言わないところかもしれません。

何事でもチャレンジする、そこに対して努力する、頑張れる事。
効率的かはどうであれ、身を粉にして勤める意欲に溢れてる。

多少、不器用な点も多いけどその責任感と献身的なスタイルはなかなか真似出来ないものです。

彼のそんなスタイルは”心のよりどころ”いった感じでしょう。

頼りにされるというよりは、素の部分で接することが出来る人。
懐が広いかどうかは分からないけど、人の素の部分を受け入れることが上手な懐なんだろう。

彼の名は櫛田 草平
がんばり屋さんイイ人

iret Inc | Webシステム開発、Webサイト構築
cloudpack | Amazon EC2などクラウドの導入設計、運用・保守サービス

Sho Murata

sho murata

特別話すことはない気がする。
たまに二人で会うと、よくそう思う。
近況を伝え、近況を聞く。そんなところだろうね。

多分理由は簡単で、お互いまだ大切な階段を上っている最中だからな。
特に彼は常に上を目指して、結果が伴うまでは寡黙を貫く。そんな印象の男だしね。
かたや自分は真逆だけどね。

目標に向かうクールな姿勢は、いつ会っても崩さないけど
たまに目を輝かせながら「すげーじゃん」っていう反応を見せる辺りも面白かったりするんだよね。

そうなんだよね、根はとても素直で真面目な奴。

自分の傾向なんだけど、魅かれる人の定義があってやっぱり常に上を目指している人、何かに挑戦している人に魅力を感じる。
そんなチャレンジ精神溢れる人間に触れることが自分には必要不可欠な要素だったりする。

彼からはそんなオーラが溢れ出ている。
そしてそこには疑いもない期待しかない。

彼なら成し遂げられるだろうってね。

日本人離れした茶色い瞳の奥底から感じる優しさと何かの感情。
常に最前線で浮き沈みを経験し、己と真剣に向き合って闘ってきたからこそのその想い。
そこを感じるだけでも心地いい。

また1年後くらいにお互いで楽しい話をしたいです。

彼の名は村田 翔
優しく寡黙な努力家イイ人

水戸ホーリーホック

Jun-ichi Saito

junichi saito

※注 いつもはこんな飲み方はしませよ、パフォーマンスですよ。

二人の関係を問われると、いっつも顔を見合わせて「なんすかね?」って感じになる。
選択肢がないからではなくて、ただ単純に選択肢が多いから「コレ!」っていう決め手がない。

先輩であり
師匠でもあり
友人でもあり
同志でもあり
弟子でもある

自分が独立する前から今まで、本当に様々な角度で濃い付き合いが出来ている人。

一言で彼を表現すれば、人間味のある人。

どのような形で接点を持つかによるかもしれないけど、出会いから受ける印象はとても実直で信用が出来る人。
でも”さらに”魅力があるから面白い。
もっと関係性を深く掘り下げて、距離を短くしてからが”熱い”。

人により様々な目標、情熱、夢などを抱きながら人生を歩んでいると思うけど、より大きなパワーを感じれるのは彼なんだろう。
実は泥臭く、”気持ち”や”想い”といった人間としてのとても大切な部分をひしひしと感じれる。

つまりそこが魅力なんだと思う。

自分はスマートな人間ではない。

効率的に問題点を掲げ上げ、相手に最も伝わり易い形で話を整理するのが、なんというか大の苦手だ。
話している最中であろうと、常に自分の考えが同時進行で進んでいるからまとめる事が出来ない。

そう、自分のスタイルは泥臭く想いを伝え、どれだけ自分になってもらう事なんだと思う。
えぇ、よく”めんどくさい”と言われますw

そんな僕の不細工なスタイルと、彼の基盤でもある人間味溢れるスタイルがとても巧い具合で噛み合えているんだと思ってる。

たくさん遠回りもしたし、衝突もした。
プライベートの内容ももちろん、その都度、色々な問題を共有してもらっていた。

そういう意味では僕の根っこ部分から真剣に向き合ってくれて、しっかり理解してくれている重要な一人。

彼の名は齋藤 順一
お互いに足りない部分を補い合うイイ人

ARCHETYP Inc.

Seisho Sumida

seisho sumida

「じゃけぇ〜のぉ〜」

彼は生粋の広島男児。
イタリア語も、英語も流暢に操る広島男児。

ロンドン時代からの仲で、数えてみると一応7年くらいになるのか。7年とは言っても基本はサッカーで会うくらいで、ロンドンでは携帯を買うのを付き合ってもらったり、サッカー絡みで飲んだりくらいだったかなぁ。日本でも東京に遊びにきた時に数回遊んだくらい。

海外生活が長いせいか、自分の感じる所はハッキリ表現する。ただそこが自分には接しやすかったりするので、話し始めるとグイグイ話し込んでしまいたくなる。
今日2年振りくらいに会って「少し柔らかい印象になってっかな」くらいで相変わらずおもろい人だった。

やっぱり彼との関係にもベースに「サッカー」という最高の基礎が築かれてる。最初に彼を紹介してもらった際に言われた言葉が「彼はJuventus(ユベントス)にいたんだよ」って、おいおい…自分にはすごくキャッチー過ぎる言葉だぜ。。。ってな話だったのを鮮明に覚えている。プリマヴェーラ(ユース)で活躍していて、怪我でやむなく断念したと聞いているけど、サッカー人にとっては遠すぎてよく分からない存在。

SNSが普及した昨今、自分の活動、仕事、想いなどが電波を辿って彼の元に届く。自分のアクションをその都度気にしていてくれて、よく声をかけてくれる。

今日の今まで仕事の話なんてあまり交わした事がなかったが、アレを巧いことアレすれば巻き込めるイメージが湧いたり「単純に何かしらGiveして役に立てたら」って気持ちが自然と湧き出た。恐らく彼の人を引きつける魅力に接して「彼の培ってきたコミニュケーション能力のどこかしら盗めたら」「彼の繋がりで英語も再チャレンジ出来たら」想いが増してきた。

そう彼は、間違いなく自分にとって唯一の存在。

彼の名は住田 聖昇
イイ人だけど、今日初めて名字を知ったw

IDEO | A Design and Innovation Consulting Firm