Daisuke Yano

daisukeyano



本来なら1年前くらいに彼のことについて書こうと思っていた。
写真も撮った、文章も考えた。

でも何かしっくりこなかった。

2016年2月1日の今日。
なにか突然思い立ったようにPCのキーを叩いている。
「あ、今なんだ」と。

写真はもちろんサッカー。
そう、彼はサッカー人だからね。



彼との出会いはもちろんサッカー。
かっこよく言ってしまうと「2014年、夏の暑いグラウンドで」かな。

言葉を交わす前日も対戦相手として同じグラウンドに立ってたのもあり、
翌日、会話を切り出すのはそんなに難しくなかった。

彼は気さく、爽やかだ。きっと誰しもが思う最初の印象。
紳士な姿勢と人懐っこい笑顔で、別け隔てなく誰とでもフラットに接してくれる男。
そんな感じ。

たまたま同い年ということもあってなのか、
僕のことを出会ってすぐにあだ名で呼ぶあたりとかは、
まさに外国人といったフランクさ加減。

表現に躊躇がなくてストレートなんだ。



なぜ彼と仲良くなれたのか、実は今でも理解していない。
正確には僕のどこを好いてくれているのか、わかっていない(笑)

その簡単には心の内側をみせないミステリアスな部分も魅力なんだよね。
彼の奥底・根底にはとても太い芯が備わっていて、
何をするにもその芯からぶれることなく行動する。

どんな時でも冷静だし、決断時の判断の速さはサッカーでも仕事でも、
その鋭さが発揮されて信頼感抜群。



僕は彼のことを僕は本当に「真っ直ぐな人間」だと感じている。
他の表現がなかなか思いつかないんだけど、
バカ真面目とか、頭が硬いとかじゃなくて、なんだろうなぁやっぱり真っ直ぐなんだよねぇ。

彼を理解しきれていないと言っている僕が説くのでは説得力が全くないだろうけど(笑)

何かのゴールに向かう姿勢、
そのミッションを達成することへの貪欲さ、
関わる仲間をとても大切にする人情深さとか。

紳士で人懐っこくて、でも頭がキレて判断も早い。でもやっぱり人懐っこい、
そんないつも一緒にいたくなるような魅力的な男。

きっと人との距離感が抜群にいいんだろう。
ポジショニング?なんだろう(笑)

親しき中にも礼儀あり

それをまさに体現している。
本当に勉強させてくれるところが多い人間なんです。

彼のようになりたいなぁ。。と思わせてくれる数少ない友人。



そんな彼はサッカーをとても愛している。絶対大好き。
もちろん勝つことをとても重要に捉えている。
そのために貪欲にゴールを狙うし、
勝ち続けるために自分に多くのルールを課す、ストイックな一面もあるよね。

どれもこれも勝つため。

細かいことはいい。
勝つためになにをするか、どうチャレンジして勝ち取るか。
そう伝えらている気がする。

きっと彼は厳しい環境下で常にチャレンジしていろいろなことを勝ち得てきたんだろう。
そしてその過程で出会ってきた仲間たちを本当に大切にして生きている。

そんな愛に溢れたTHE情熱男な一面が彼の魅力なのかも。




彼は矢野 大輔
奪えないゴールはきっと存在しない、勝ちにこだわる真っ直ぐなイイ人

矢野 大輔 オフィシャルウェブサイト | Daisuke Yano
イイ人 | , ,

Yosuke Suenami

yosuke suenami

つかめないねー、いい意味で。

出会った時、彼とはサッカーの話、ウイイレの話で盛り上がった。
彼はそうとうやり込んでて、その強さにひいたくらいしか覚えていない(笑)

今の関係もそんな感じで変化はなくて、お互いの趣味趣向の話をしてワイワイ楽しむ感じ。

で、結構話も合うし、一度サシで話してみっかってことで飲んできましたの会。

根底にあるのは職人気質なのかなぁ。
どこか近寄りがたい価値観をもったアーティスト感も少し臭う。

と言っても懐っこい性格で、関西出身ってのもあって気さくに話せて楽しいやつ。
思ったこともはっきり言ってくれるし(慣れてくると?)、深読みせずに付き合いやすい人柄。

って少し褒めると、ドヤ顔しそうで少しうっとうしいけどね(※写真参照)
けど、こういうコミニュケーションを取るのがうまいんだろうなぁ。

彼の今までの話とかいろいろ聞いて感じた印象は

“興味に対して貪欲な人”

だけど彼は貪欲って程、欲求が言動に出てるタイプじゃない。
けど元を追うとココだけには貪欲だなと感じる部分がある。

ここが不思議なところなんだけど、THE貪欲だと新しい欲を求めてしまうんだろう状況も、
彼はその一点に対して貪欲でいられる人間なのかなぁと感じた。

でもかといって真直ぐ、真面目な人間!って感じじゃないんだけどね。

まぁ結局のところ、つかめないんです、ハイ。
たまに本気で話してんのかなぁと思う場面も。※本人は本気だって言ってます。

そういうやり取りが上手いのか、奥が深いのか今の段階では分からないけど、
いい意味で掘り下げる必要がまだあるんだろうね。

ただ、彼に興味があるのは変わらないけどね。

彼の名は末浪 陽介
まだつかめないので、ドヤ顔イイ人

ブランドサイトデザイン | FICC inc.