Kazuki Yajima

kazuki yajima

ピンと来た男、ヤジ。
出会いは6年程前のイベント、デザインフェスタの会場で。

勿論最初に魅力に感じたのは彼の作品だけど、
彼がお客さんと話すその柔らかい笑顔からくる人間味が気になり、たまらず声をかけて話し込んだ。

意気投合し、お互い学生だった当時の手制の名刺を交換し合い連絡先を交換したが、
メールをやり取りするくらいで、特別な交流はなく月日は過ぎた。

4年くらい経ったある時、twitterで知人とやりとりをする印象的なイラストのアイコンが目に留まる。
実は彼、よく遊んでいた知人の後輩だったという繋がり。なんとも世界は狭いものだ。

その後、久しぶりに会話を交わすも、彼の本質はこれっぽっちも変わっていなかった。

相変わらずの柔らかい受け答えに、曲がった事が嫌いであろう真っ直ぐなその言葉。
まさに当時感じた彼の魅力であるポイントがそのまま生きていたのが嬉しかった。

彼は常に謙虚なスタイルでいて、決して境遇や環境を攻めない。
大変な事も、しんどい事も、まるっと受け入れて、そのフィールドで結果を出す努力をする。
「自分なんてまだまだ、、、」とひたむきに努力する姿は、どんどん突き進みたくなる自分の性格にとっては大きな刺激となっている。

ちょっとした会話から、真剣な話まで。
いつでもしっかり相手のことは立てつつ、自分が大切にしている想いや、こだわりのポイントをキチンと伝える。
当たり前のように思えるけど、とても難しい両者のバランスだと思う。

彼のそんな真っ直ぐな「芯」の部分が素敵な魅力の1つなんだろう。

撮影をした日、僕のわがままでタイ料理が食いたいということで店を探すことに。
土曜日で時間も時間だったので店が開いておらず、また僕の性格上ネットを使って調べないで、感で動くという面倒くさい遊びにも付き合ってくれて、
偶然にもなかなかいい店を発見出来て、それをまた楽しんだり。

小さなことでも楽しく取り組める器量の良さ。
彼の全体の柔らかい雰囲気と相まって、良い人間味を醸し出している男。

彼の名は矢島 一希
柔らかい雰囲気と器量が光る、オシャレさんイイ人

artworkeveryday
Portfolio

Rentaro Fujiwara

rentaro fujiwara

なんだろうな、この空気感。
ちょっとすました感じで、”圧倒的な”と、形容したいくらい独特だ。

初めてのサシ呑み。
場所は彼のホームグラウンドの一つであろう阿佐ヶ谷。

彼は何事にも美学を持っている。

こだわりって言うのが伝わりやすい表現だと思うけど、いや、違う。美学って言葉じゃないハマらないと勝手に思っている。

仕事はもちろんのこと、言動、コミュニケーション、アイテムに衣食住。彼に関わるモノ全てにおいて。
ただ美学と言っても、そんなに他人にとって堅苦しいモノは全くない。逆に人を楽しませることがほとんどかな。

自分の大切にしているところを守ることで、結果的に他の人が喜んだり、興味を抱かせワクワクさせたり、
皆を幸せな気持ちにさせたりしているんじゃないかな。自分にはそう映る。

その中でも特に共感させてもらったというか、すごく勉強になるポイントはやっぱり言動。
 
己の立ち振る舞いというか、在り方。そこをしっかり理解して、しっかりと自己を表現している。
だけどそれは偽りではなくて、彼自身そのもの。彼の人としてのナチュラルな部分がそのまま出ている感じ。

ちょっと難しい言い回しになっちゃったけど、要はすごく考えてるんだけど、
その結果、無理なくしっかり自分の自然の姿でいられるってニュアンスかなぁ。

きっと、考えるのは、より自分を自分らしく表現したいから、そのために情報をしっかり整えてアウトプットしてると思う。
けどいざ構えて人と接しても、人間的な部分で自分の新しい殻を簡単に破ることも出来る柔軟性も持っている。(と思う)
プライドというか美学はしっかりあるけど、そういう人間くさい面もたくさん持っている彼。

なので、こういうスタイルで自分らしさを表現出来る彼は、自分としてはとても興味がある。
また飲んで探りを入れたい。

小難しい内容になっているけど、彼と実際に顔を会わせれば単純にイイ人と感じれる。
すごく紳士的な男で、話しやすくて、人当たりも良い。
自分からワァーって騒ぐタイプでないないと思うけど、楽しいことは大好きなはず。

自分が彼から学んだこと。

それは相手のホームグラウンドで飲んでみることの大切さ。
人がこだわりをもって、理由をもって好きでいる場所。

そこに出向かせてもらえたなら、そこの空気感はきっと相手の空気感とも似ているに違いない。
より相手のことを知れる良い機会。

ってことを学んだというか、自分が感じた。

この記事の文章が無駄に長くなってしまっているということは、まだ自分も深くまで入れていない証拠。
これは近々、また懐に入れさせてもらわないといけなくなった。

彼の名は藤原 連太郎
阿佐ヶ谷までチャリで向かいたいと思わせるイイ人

東京のアプリデザイン制作会社|株式会社ハラハラ|harahara Inc.

Ryohei Kato

ryohei kato

偶然に顔を合わせて仲良くなってから半年。

また飲みましょう。
誰とでもよく交わす、そんな会話。

なんかウマが合って、ちょくちょく飲みたいねーと話してて、やっと実現した会。

なぜなら彼は大阪、自分は東京。
彼とは昨年強行で参加した大阪の飲み会で仲良くなった。

彼の会った瞬間感じた「むっ、真面目な人なのかな?」っていう外見の落ち着いた印象は、一瞬のモノでしかなくて、
すぐに出てくる人懐っこい人柄で、初対面だなんて忘れるくらい会話が盛り上がった。

すごく話すのが上手な人だなーって思う。
そして、話すのが好きなんだなぁーとも(笑)

自分は酒が入ると結構おしゃべりになって、相手に隙を与えずしゃべり倒すタイプだけど、
そんな自分の話に話をかぶせてきたのにはビックリした(笑)

いくら会話の応酬になっても、嫌な印象なんて全くなくて、ただただ明るく話が出来るのが楽しい。
もちろんしっかり相手のペースも読みながら話をすることも得意だ。

話し上手といえば、「あ、やっぱり関西人だな」って結論付けるのは、自分的になんだか納得がいかないけど、
そう感じるくらい話上手、まぁコミュニケーションが上手なんだと、感心した。

あとやっぱり一緒に時間を共にしてて共感出来るところが、熱いところ。

モチベーションもとても高いし、向上心、常にチャレンジできてる精神もすごく参考になる。
言動にちょっとした体育会系なものを感じるところがとても好きなポイント。

今回の会も、それなりに東京に用事はあったようだけど、
ずっと自分に「東京来て下さいよー」って言われて、「行きます!」って返事してたことを気にして、本当に飲みにきてくれる。

彼はとても律儀で、熱い人間。
そんな彼には、自分も「熱い」何かでお返したいと思わせてくれる。

最初に入った店は2時間制と言い伝えられたので、声をかけられたら次の店に行こうと考えていたのに、
ふと気がついたら、時計の針はもう深夜3時。時間を忘れるくらい話込んでしまった。

次来る時はホテルを取りません(笑)
そう笑顔で返してくれる、熱い男。

彼の名は加藤 亮平
誰とでも上手に会話出来る、熱い男イイ人

TRACE

Tomohiro Tsutsumi

tomohiro tsutsumi

つっつん。
いつもボーダーらしいので要注意。

初対面は意外!っていう感じの印象だった。
自分と彼とその同僚と何人かでランチに行った場。自分は彼も含め、皆知り合ったばかり。
そんなシチュエーションでの食事終わりの帰り道、急に話かけてきてくれた。
このタイミングで!w って面白かったのと、内容も結構深かったので、とても驚いた。

そしておとなしい人ってイメージだったので先手を取られた感じでよく覚えている。

興味っていうものは不思議なもので、
それ以来、特に密に話す間柄ではないけど、気になるようになった。

基本的には派手な言動をする人じゃないけど、
内に秘めている芯の部分や想い、信念はかなり熱いモノを抱いているってことは間接的に目の当たりにしている。
そんなに根を話しまくってはないけど、時折見せるそういう語り口が、そう確信させてくれる。

彼はすごく自分と似ていた。

外見こそ、まさに真逆な生き物。…と言ってもいいんだよ。。誰もが思うところだから気にしないよ。
だけど内面の気にしーのところとか、自分の好きな範囲だけだろうけど相手に合わせてコミニュケーションを図れる。とか。

まさに内面的な部分は、ほぼ一緒な思考回路で、嘘かと勘ぐるくらい一致してた。

なかなかそこまで内面が似ている人と出会ったことがないので、とても不思議な気分だった。
まさかとは思ったけど、彼の血液型はB型だった、、、更に嬉しすぎる。

彼の姿勢はとても謙虚で、他人の話や意見、アドバイスもしっかりと聞くことも上手。
こういう姿勢が彼を成長させて来たのだろうと思うし、
まさに今の彼の魅力に繋がっているじゃないのかな。

人と接するポイントで、とても気持ちいい空気感を作り出せる彼。
そんな彼を囲む人達も居心地の良さを感じての、持ちつ持たれつの関係なんだろう。

彼は「僕は運がいいんです」って謙虚に話をするけど、
自分からしたら”運”なんて、まさに実力以外、何者でもないと思っている。

つまり人を引き寄せる力が備わってるってことだろうね。

人との関わりを大切にして行動する彼の価値観。
目先のことより、人としてのその先を重んじる、そんなスタイルな人。

彼の名は堤 大洋
人を引き寄せるボーダー柄イイ人

ブランドサイトデザイン | FICC inc.

Hideo Shibata

hideo shibata

ひょうんなことから出会うことになった彼。
会うのはいつも仕事のことで、いつもカフェ。

彼はいつもスーツかシャツスタイルで、かたや僕はハーパン、Tシャツというラフなスタイル。
カフェの中では「なんだこの二人」って思われても仕方の無い、確実に異彩を放ってた組み合わせ。
見た目は僕とは対局に位置するような、しっかりした印象の人。

何回かミーティングを重ねてたので、そろそろ…と思って、ある日のミーティング後にアポを取って呑みに誘った。
まぁなぜ彼を誘ったかっていうのは、当然彼に興味が湧いてきたから。

出会いが仕事がきっかけの場合、なかなかミーティングだけのコミニュケーションだと時間も限られているし、相手の事を理解するのも難しい。
仕事の話をすすめる上でも、是非ともどういう人なのかって事は理解して接したい。

というかプロジェクトが進むスピードよりも、人間関係の濃さを先にすすめたいという自分の欲求。

ざっとお互いの経歴、今の状況、この先のプランなどなど、いろいろ話した。

彼はこだわり感がすごい。自分が納得いくまで探求をやめないし、とてもクレバー。
今やるべきことをしっかり把握してて、絶えずチャレンジを繰り返す。
自分もとても見習いたい、そんなすごいアグレッシブなスタイル。

そんな彼の一番の魅力はやっぱり情熱なのかな。話の端々で見せる熱い情熱。
いろいろな部に対してのストイック感は、この想いがあってこそなんだと感じる。
その情熱の部分が人としての興味にも繋がって、さらに掘り下げたくなったしね。

どんな要素も、情熱には及ばない。
そんなことを実感させてもらえた人。

彼の名は柴田 秀夫
緻密な裏に情熱なイイ人

Ko Yoshida

ko yoshida

本当はね、もうちょっとカッコイイ感じで、雰囲気溢れるイイ写真があったんだけど、
なんか違うなーって思ったので、オモロい系を採用しました。やっぱコッチの写真だなぁ〜。

彼はすっごいオモロい人なんです。とても。

オモロいと言うとちょっと語弊があるかもしれないけど、興味を魅くってこと。

イイ人のサイトで自分の存在を知って興味を持ってくれた彼。
いろいろ気になってくれていたみたいで、よく言われる「イイ人って何?」的な(笑)
でも、そこの部分を実際会って確かめるまで「いいね!」は押さずまい。と心に決めていたらしい。
変わった人だ(笑)

彼とは仕事の話を通じて、お互いの大切にしてるところや価値観で簡単に盛り上がれるし楽しいんだけど、
やっぱり一番惹きつけられる箇所は人生というか、大げさに言うと生き様なのかなと思ってます。

自分が尊敬の念を抱いたり、好意を寄せる人間像とは単純に人との繋がりを大切にしている人。
多くの人が人の繋がりを大切にしていると思うんだけど、そこをどこまで自分の生き様に落とし込めているってところが重要だったり。

彼の”人をベースとした価値観”が自分とすごく近いって点も、一緒にいて心地良さを感じれる理由だと思う。

もの静かってタイプではないし、かといって派手なタイプでもない。
そして相手に合わせて場の雰囲気を作ることが出来るところは素敵。自己主張が激しい自分みたいなのとでもね。
きっと作っている感覚はないんだと思う。ごくごく自然と臭わす。

全ては空気感なのかなぁ、にじみ出る空気感。
そこがオモロいんだと思う。

そんな彼とちょっとおバカだけど革命的なプロジェクトを立ち上げる話も。
これからもっと密にオモロいコミニュケーションをしましょう!

彼の名は吉田 耕
空気感がオモロいイイ人

nudo inc.

Yoshihiro Shimizu

yoshihiro shimizu

変わった人だな〜。とても変わってる。

変な意味での変わっているではないんだけど、ナチュラルというか天然というか。

普段話をしている感じでは、口調も柔らかいし、お茶目なところもありで、細かいことにも気をまわしてくれる本当にイイ人。
だけどその一つ一つ、一言一言に面白さを感じるし、とても強烈な個性を臭わせる。

そんな彼は基本的に人間味に溢れている人で、人の事のケアはすごい出来る人。
人間くさいって言ってもいいと思う彼の人柄に引き寄せられて、
自分も結構なんでも相談した事もあるし、他の人もお世話になった人も多いと思う。

外見だけの印象だとカジュアルで優しい明るい人って感じなんだけど、
心底では絶対的な熱い芯を持っていて、自分が思ったことに対しては想いを貫くその姿勢を時折見せる。

大切にしている箇所では討論も惜しまないって所が実は自分と似ているのかもしれない。
もちろん意見をぶつけ合えるってのはお互いの距離が近いからという証拠だけどね。

2人で呑んだのは本当にほぼ3年振りくらいだろう。

3年も月日が過ぎれば人は絶対に変わるけど、
大切な部分は何も変わっていないようで楽しかった。

またちょいちょい本音の熱い話をしたいっす。

彼の名は清水 義弘
ナチュラルって意味での天然イイ人

iret Inc | Webシステム開発、Webサイト構築
cloudpack | Amazon EC2などクラウドの導入設計、運用・保守サービス

Yusuke Morikawa

yusuke morikawa

まさに初対面。

だから長い時間話し込んでいないし、お互いの事はあまり知らない。
けど、彼の人柄が好きだし、イイ人だなぁと感じたので書く事にしました。

“ドンちゃん”
皆、彼をこう呼ぶのかな?分からないけど、僕はドンちゃんって呼ぶ。

彼はとてもひょうきんで、人を楽しませるのが好きなんだと思う。
彼の周りには笑顔が絶えないし、自分もその和の一員にいながら、そんな彼にとても興味を抱いた。

だけど単純に面白いってことがいいなぁというよりは、少し真剣なというか半分真面目に話した時かな。
彼はとても周りの事をよく見ていて気使いで、なにより熱い人間なのだ。

場がイイ感じで盛り上がろうと皆から持ち上げられようとも、彼の奥をチラっと覗けば、流されること無くとても謙虚な彼がいる。
決してノリだけとか、ただただ楽しいからだけという意図ではない彼らしいスタイルを垣間みえるようなところ。

身を粉にして皆を笑わせる姿の裏に、彼の熱い想いが隠れている姿が自分にはたまらない。
その気持ちの先には必ず誰かがいて、仲間の幸せが大好きなんじゃないかなぁと感じる訳です。

好きだね〜。

大阪人の彼。
あまりというか、ほとんど会う機会、話す機会が無いと思うけど、
次大阪を訪れた時にはまた会いたい、また話したいって気持ちにさせてくれるイイ奴。

表面的な雰囲気では感じ取れない彼の熱い想いの乗った優しさが自分は好きです。

彼の名は森川 裕介
熱くひょうきんなドンちゃんイイ人

Yohei Yamakawa

yohei yamakawa

「人は外見ではなく、中身!」と言い続けている僕だけど、
彼は見た目のそのままイイ人なんです。

もうご存知だと思いますが、自分はとにかくリードするというか無茶な提案をして人を巻き込むスタイルを貫いている。
かっこうよく言っているけど、巻き込まれる人がいる訳で。。

彼はそんな僕にマイペースな反応で「あぁ、、えぇよ」って返してくれる。
「あぁ、、」の間が少し気になるけど、迷惑している返事じゃあないはずっ!と勝手に思ってる。

そしてやっぱりすげーー優しい人だから。自分にだけの対応だけでなくて、どんな人にもとにかく優しい。

そんな彼でも「もしかしたら天然なのか?」と思ってしまうお茶目な点も持っている人。
常に笑顔ニッコニコってタイプじゃあないけど、本当に柔らかい雰囲気な人。

だけど自分のこだわりのポイントには声も発さずに取り組む男。
しんどかろうが、なんだろうがやり通す。そこはカッコエエよね。

彼に学んだ事があって、それは彼の趣味の写真を通して。

常に誰かのためを思ってシャッターを切る姿。
もちろんプロではないので技術とか上手な撮影の仕方とかそういう話じゃあ全然無くて、「気持ちをのせる」ってことかな。

何事にも幸せの対象は自分ではない、その姿勢。
彼のおおらかな性格、優しい人柄、気持ちが入った時の入魂具合。

全てが彼そのものなんだなぁ、彼の生き様なんだろうなぁ。そう感じた。
からの渾身の1枚、良い写真だ(自画自賛)

彼の名は山川 洋平
周りに尽くす、優しいイイ人

Creatps Inc.|クレイテプス株式会社

Takumi Yoza

Takumi Yoza

自分と同じ匂いがする人には気軽に近づけないクセがあるようで。
大勢が集まる場所で何度も彼を見かけていたのは知ってたよ。

ちょっと強面な雰囲気をにおわせてたから「ちょっと怖いなぁ…」って思ってなかなか声かけれなかったけど、
一度話をするタイミングを掴んでからの彼は、いつも満面の笑みで仏のように接してくれます。

実際お互いの距離は一瞬で縮まったけどね。

彼の本質に触れると、楽しむことの大切さを思い出させてくれる。
そして楽しむためにいろいろ努力をしている、もちろん楽しみながら。

ここのポイントは自分がたまに忘れかけちゃうところ。

彼の強みとしては、きっと人としての力の部分なんだと思う。人間力。
自分からコミニュケーションを産み出すことが出来るし、広げることも、深めることも出来る。
その部分を生かしてさらに楽しく生きている、そんな人な気がする。

強みの部分もそうだけど、他にとても気が合うなぁと思うポイントがあって、同じイメージを描けるとこかなと思ってる。

何か新しい挑戦をしようとするとき、そりゃ楽しいことばかりじゃないけど、そこのポジティブな部分で一緒に盛り上がれる人。
ワクワクしながら話す様子とか、アイデアの出し方とか、最終的なイメージの描き方とか。

子供のような、お互いなんじゃねーかなぁ。良い意味でですがね。

最初に強面とか言ってしまったが、僕とは比べ物にならない素敵な笑顔が溢れる柔らかい雰囲気の彼。
彼と接していると、自分の挑戦の一番芯にある大切な事に気がつかせてくれる。

彼の名は與座 巧
ふにゃっとした笑顔のチャレンジャーイイ人

middle2nd | Illustrator/Artist