Minoru Sako

minoru sako

どこまでも謙虚な男。

一見独特な雰囲気を感じさせるけど、
イイ人共通の一言言葉を交わすだけで、すげーイイ人なんだ!ってことが正に分かりやすい人。

見た目の柔らかい印象からは想像しにくいけど、
中身はとても身を削ることを厭わない、男気も兼ね備えた熱い人。

もちろん義理堅くて、有言実行、自分の発言にしっかり責任を持って行動する。
それが彼への信頼感に繋がっている。

あと面白いのが彼のこだわり。
僕的には風変わりなというか、自分と似ているというか、こだわるポイントが面白い(笑)

しかもそこのポイントで討論すると、彼のこだわりへの熱が垣間見えて新鮮だったりする。
普段がソフトな印象だけに、熱を込めて意見を交わす姿にギャップが感じれて楽しい。

しかも論点が「吉祥寺について」だったりするから、なおオモロい(笑)

だけど彼のこういうギャップだったり、すごく謙虚な部分って、
自分に対しての恐ろしいまでの厳しさからなのかも。

誰と比べるってこととかではなくて、
自分で設定した目標がとてつもなく高くて、それに真っ直ぐ向かう感じ。

昔、サッカーに熱中していた時のエピソードとか聞いたら、もう驚くばかり。
簡単にストイックって形容出来ないくらいに、自分にはハードルを高く添える性格なんだと感じてる。

だけど「180°違う!」ってくらい、他人には全然厳しくなくて、
むしろ他の人のことすら自分の力不足として、何でも飲み込もうとする。

すげーイイ人なんだけど、すげーストイックなんだなぁって、いつも会う度に思わせてくれる。

常に自分に壁を与えながら生きている彼には、
僕のように自分に甘く生活して、暇を作ることが難しいと思うけど、
また話を聞きたい!ってよりかは、彼に接したい。って思わせてくれる人。

彼の生き様に触れさせてもらうだけで、自分の背筋がピンとする。そんな気にさせてくれる。

彼の名は左居 穣
僕としては生き様がカリスマイイ人

minsak