Rentaro Fujiwara

rentaro fujiwara

なんだろうな、この空気感。
ちょっとすました感じで、”圧倒的な”と、形容したいくらい独特だ。

初めてのサシ呑み。
場所は彼のホームグラウンドの一つであろう阿佐ヶ谷。

彼は何事にも美学を持っている。

こだわりって言うのが伝わりやすい表現だと思うけど、いや、違う。美学って言葉じゃないハマらないと勝手に思っている。

仕事はもちろんのこと、言動、コミュニケーション、アイテムに衣食住。彼に関わるモノ全てにおいて。
ただ美学と言っても、そんなに他人にとって堅苦しいモノは全くない。逆に人を楽しませることがほとんどかな。

自分の大切にしているところを守ることで、結果的に他の人が喜んだり、興味を抱かせワクワクさせたり、
皆を幸せな気持ちにさせたりしているんじゃないかな。自分にはそう映る。

その中でも特に共感させてもらったというか、すごく勉強になるポイントはやっぱり言動。
 
己の立ち振る舞いというか、在り方。そこをしっかり理解して、しっかりと自己を表現している。
だけどそれは偽りではなくて、彼自身そのもの。彼の人としてのナチュラルな部分がそのまま出ている感じ。

ちょっと難しい言い回しになっちゃったけど、要はすごく考えてるんだけど、
その結果、無理なくしっかり自分の自然の姿でいられるってニュアンスかなぁ。

きっと、考えるのは、より自分を自分らしく表現したいから、そのために情報をしっかり整えてアウトプットしてると思う。
けどいざ構えて人と接しても、人間的な部分で自分の新しい殻を簡単に破ることも出来る柔軟性も持っている。(と思う)
プライドというか美学はしっかりあるけど、そういう人間くさい面もたくさん持っている彼。

なので、こういうスタイルで自分らしさを表現出来る彼は、自分としてはとても興味がある。
また飲んで探りを入れたい。

小難しい内容になっているけど、彼と実際に顔を会わせれば単純にイイ人と感じれる。
すごく紳士的な男で、話しやすくて、人当たりも良い。
自分からワァーって騒ぐタイプでないないと思うけど、楽しいことは大好きなはず。

自分が彼から学んだこと。

それは相手のホームグラウンドで飲んでみることの大切さ。
人がこだわりをもって、理由をもって好きでいる場所。

そこに出向かせてもらえたなら、そこの空気感はきっと相手の空気感とも似ているに違いない。
より相手のことを知れる良い機会。

ってことを学んだというか、自分が感じた。

この記事の文章が無駄に長くなってしまっているということは、まだ自分も深くまで入れていない証拠。
これは近々、また懐に入れさせてもらわないといけなくなった。

彼の名は藤原 連太郎
阿佐ヶ谷までチャリで向かいたいと思わせるイイ人

東京のアプリデザイン制作会社|株式会社ハラハラ|harahara Inc.

Ryohei Kato

ryohei kato

偶然に顔を合わせて仲良くなってから半年。

また飲みましょう。
誰とでもよく交わす、そんな会話。

なんかウマが合って、ちょくちょく飲みたいねーと話してて、やっと実現した会。

なぜなら彼は大阪、自分は東京。
彼とは昨年強行で参加した大阪の飲み会で仲良くなった。

彼の会った瞬間感じた「むっ、真面目な人なのかな?」っていう外見の落ち着いた印象は、一瞬のモノでしかなくて、
すぐに出てくる人懐っこい人柄で、初対面だなんて忘れるくらい会話が盛り上がった。

すごく話すのが上手な人だなーって思う。
そして、話すのが好きなんだなぁーとも(笑)

自分は酒が入ると結構おしゃべりになって、相手に隙を与えずしゃべり倒すタイプだけど、
そんな自分の話に話をかぶせてきたのにはビックリした(笑)

いくら会話の応酬になっても、嫌な印象なんて全くなくて、ただただ明るく話が出来るのが楽しい。
もちろんしっかり相手のペースも読みながら話をすることも得意だ。

話し上手といえば、「あ、やっぱり関西人だな」って結論付けるのは、自分的になんだか納得がいかないけど、
そう感じるくらい話上手、まぁコミュニケーションが上手なんだと、感心した。

あとやっぱり一緒に時間を共にしてて共感出来るところが、熱いところ。

モチベーションもとても高いし、向上心、常にチャレンジできてる精神もすごく参考になる。
言動にちょっとした体育会系なものを感じるところがとても好きなポイント。

今回の会も、それなりに東京に用事はあったようだけど、
ずっと自分に「東京来て下さいよー」って言われて、「行きます!」って返事してたことを気にして、本当に飲みにきてくれる。

彼はとても律儀で、熱い人間。
そんな彼には、自分も「熱い」何かでお返したいと思わせてくれる。

最初に入った店は2時間制と言い伝えられたので、声をかけられたら次の店に行こうと考えていたのに、
ふと気がついたら、時計の針はもう深夜3時。時間を忘れるくらい話込んでしまった。

次来る時はホテルを取りません(笑)
そう笑顔で返してくれる、熱い男。

彼の名は加藤 亮平
誰とでも上手に会話出来る、熱い男イイ人

TRACE

Tomohiro Tsutsumi

tomohiro tsutsumi

つっつん。
いつもボーダーらしいので要注意。

初対面は意外!っていう感じの印象だった。
自分と彼とその同僚と何人かでランチに行った場。自分は彼も含め、皆知り合ったばかり。
そんなシチュエーションでの食事終わりの帰り道、急に話かけてきてくれた。
このタイミングで!w って面白かったのと、内容も結構深かったので、とても驚いた。

そしておとなしい人ってイメージだったので先手を取られた感じでよく覚えている。

興味っていうものは不思議なもので、
それ以来、特に密に話す間柄ではないけど、気になるようになった。

基本的には派手な言動をする人じゃないけど、
内に秘めている芯の部分や想い、信念はかなり熱いモノを抱いているってことは間接的に目の当たりにしている。
そんなに根を話しまくってはないけど、時折見せるそういう語り口が、そう確信させてくれる。

彼はすごく自分と似ていた。

外見こそ、まさに真逆な生き物。…と言ってもいいんだよ。。誰もが思うところだから気にしないよ。
だけど内面の気にしーのところとか、自分の好きな範囲だけだろうけど相手に合わせてコミニュケーションを図れる。とか。

まさに内面的な部分は、ほぼ一緒な思考回路で、嘘かと勘ぐるくらい一致してた。

なかなかそこまで内面が似ている人と出会ったことがないので、とても不思議な気分だった。
まさかとは思ったけど、彼の血液型はB型だった、、、更に嬉しすぎる。

彼の姿勢はとても謙虚で、他人の話や意見、アドバイスもしっかりと聞くことも上手。
こういう姿勢が彼を成長させて来たのだろうと思うし、
まさに今の彼の魅力に繋がっているじゃないのかな。

人と接するポイントで、とても気持ちいい空気感を作り出せる彼。
そんな彼を囲む人達も居心地の良さを感じての、持ちつ持たれつの関係なんだろう。

彼は「僕は運がいいんです」って謙虚に話をするけど、
自分からしたら”運”なんて、まさに実力以外、何者でもないと思っている。

つまり人を引き寄せる力が備わってるってことだろうね。

人との関わりを大切にして行動する彼の価値観。
目先のことより、人としてのその先を重んじる、そんなスタイルな人。

彼の名は堤 大洋
人を引き寄せるボーダー柄イイ人

ブランドサイトデザイン | FICC inc.

Minoru Sako

minoru sako

どこまでも謙虚な男。

一見独特な雰囲気を感じさせるけど、
イイ人共通の一言言葉を交わすだけで、すげーイイ人なんだ!ってことが正に分かりやすい人。

見た目の柔らかい印象からは想像しにくいけど、
中身はとても身を削ることを厭わない、男気も兼ね備えた熱い人。

もちろん義理堅くて、有言実行、自分の発言にしっかり責任を持って行動する。
それが彼への信頼感に繋がっている。

あと面白いのが彼のこだわり。
僕的には風変わりなというか、自分と似ているというか、こだわるポイントが面白い(笑)

しかもそこのポイントで討論すると、彼のこだわりへの熱が垣間見えて新鮮だったりする。
普段がソフトな印象だけに、熱を込めて意見を交わす姿にギャップが感じれて楽しい。

しかも論点が「吉祥寺について」だったりするから、なおオモロい(笑)

だけど彼のこういうギャップだったり、すごく謙虚な部分って、
自分に対しての恐ろしいまでの厳しさからなのかも。

誰と比べるってこととかではなくて、
自分で設定した目標がとてつもなく高くて、それに真っ直ぐ向かう感じ。

昔、サッカーに熱中していた時のエピソードとか聞いたら、もう驚くばかり。
簡単にストイックって形容出来ないくらいに、自分にはハードルを高く添える性格なんだと感じてる。

だけど「180°違う!」ってくらい、他人には全然厳しくなくて、
むしろ他の人のことすら自分の力不足として、何でも飲み込もうとする。

すげーイイ人なんだけど、すげーストイックなんだなぁって、いつも会う度に思わせてくれる。

常に自分に壁を与えながら生きている彼には、
僕のように自分に甘く生活して、暇を作ることが難しいと思うけど、
また話を聞きたい!ってよりかは、彼に接したい。って思わせてくれる人。

彼の生き様に触れさせてもらうだけで、自分の背筋がピンとする。そんな気にさせてくれる。

彼の名は左居 穣
僕としては生き様がカリスマイイ人

minsak